高額を請求するなら

浮気不倫5

慰謝料と一口にいっても、事例によって額はさまざまです。

どうせ慰謝料請求をして反省させたいと考えるなら、できる限り大きい額を手に入れたいところでしょう。いったい、どのようにすればより高額を狙えるのでしょうか。

まず、一般的な相場について紹介します。不倫における慰謝料は、平均で約200万円、ただ幅も大きく、下は数十万から上は300万ほどともなっています。

つまり、訴えの内容によって結構なばらつきが起こるというわけです。

稀にセレブ同士の不倫問題に関して、数千万や億といった桁違いの訴訟も起こっているようですが、あくまで例外なので割愛します。

一般的な相場の範囲内で少しでも高い慰謝料を請求したいと考えるなら、次のようなポイントを意識しましょう。まず、不倫がいかに悪質であるかを主張することです。それこそ、倫理感覚において到底理解ができない、人として間違っている、そのような点をアピールしてください。

そしてもうひとつ、不倫によって受けた損害の大きさも重要になってきます。これら2点を効果的にアピールするには、やはり証拠や資料といったものが重要になってきます。裁判を有利に運べる資料をできる限り用意できるよう工夫してください。

「目的達成の第一歩」