慰謝料請求の条件

浮気不倫9

不倫は良くないおこないであるということは、誰もが知るところでしょう。そもそも言葉としても、倫理の道から外れるという意味合いをもつため、やはり不適切行為であるに違いありません。

ですがだからといって、かならずしも不倫に対して慰謝料を請求できるとは限りません。請求できる場合とできない場合があるので、まずは条件について把握しておきましょう。慰謝料請求ができる不倫の条件は、主に2つあります。

まずひとつが、不倫相手に故意、もしくは過失があるということです。肉体関係をもつのであれば、かならず故意であるようにも思えますが、実はそうでもありません。

例としては、相手が一方を既婚者であると認識していなかった場合、もしくは、出会い系サイトなどで知り合って素性そのものを知らなかったといったケースが挙げられます。またその他、強姦や脅迫によって、自由意志の伴わない肉体関係である場合も同様に請求はできません。

そしてもうひとつは、不貞のおこないによって、あなたが権利を侵害されているかどうかです。

パートナーの不倫によって、夫婦関係が悪化しさらに離婚にまで追いやられた、夫婦の絆が崩壊するほどの親密な交際をされたといったケースです。

不倫の基準はかなり繊細なので、一般感覚だけで判断しないよう注意しましょう。

「目的達成の第一歩」