• Home You are currently viewing the category: 未分類

目的達成の第一歩

不倫の基準や慰謝料額を高めるコツなど、一般の人にとっては少し難しく感じられるような部分も少なくありません。とはいえ、浮気訴訟において動く金額は決して小さくないのが実際のところです。妥協せず、できる限りベストを尽くすべきでしょう。

弁護士そんなとき心強い味方となってくれるのが、不倫における慰謝料請求について一連の流れをサポートしてくれる弁護士です。弁護士は被害者の味方ですから、あなたの悲しさやくやしさをしっかり理解して、強力に手助けしてくれることでしょう。それこそ、状況が不倫として成立しているか、どのようにすればより多くの慰謝料を請求できるかなど、アドバイスしてくれるはずです。

とはいえ、弁護士に相談するという作業自体も、少しハードルが高く感じられるかもしれません。弁護士への相談は、日常的におこなうようなものでもないためです。ですが、安心してください。多くの弁護士事務所では、無料相談を設けています。気軽に話せる環境が整っているので、理想の結果を手にするための第一歩として、まずは一度相談してみてください。不倫訴訟は、一歩間違えれば名誉棄損で逆に訴えられる可能性もでてきます。法律の専門家に頼るのが、最善に違いありません。


関連記事

  1. 高額を請求するなら
  2. 慰謝料請求の条件
  3. 目的達成の第一歩

高額を請求するなら

慰謝料と一口にいっても、事例によって額はさまざまです。どうせ慰謝料請求をして反省させたいと考えるなら、できる限り大きい額を手に入れたいところでしょう。いったい、どのようにすればより高額を狙えるのでしょうか。

相場まず、一般的な相場について紹介します。不倫における慰謝料は、平均で約200万円、ただ幅も大きく、下は数十万から上は300万ほどともなっています。つまり、訴えの内容によって結構なばらつきが起こるというわけです。稀にセレブ同士の不倫問題に関して、数千万や億といった桁違いの訴訟も起こっているようですが、あくまで例外なので割愛します。

一般的な相場の範囲内で少しでも高い慰謝料を請求したいと考えるなら、次のようなポイントを意識しましょう。まず、不倫がいかに悪質であるかを主張することです。それこそ、倫理感覚において到底理解ができない、人として間違っている、そのような点をアピールしてください。そしてもうひとつ、不倫によって受けた損害の大きさも重要になってきます

これら2点を効果的にアピールするには、やはり証拠や資料といったものが重要になってきます。裁判を有利に運べる資料をできる限り用意できるよう工夫してください。


関連記事

  1. 不倫されたらどうする
  2. 慰謝料請求の条件
  3. 目的達成の第一歩

慰謝料請求の条件

不倫は良くないおこないであるということは、誰もが知るところでしょう。そもそも言葉としても、倫理の道から外れるという意味合いをもつため、やはり不適切行為であるに違いありません。ですがだからといって、かならずしも不倫に対して慰謝料を請求できるとは限りません。請求できる場合とできない場合があるので、まずは条件について把握しておきましょう。

肉体関係慰謝料請求ができる不倫の条件は、主に2つあります。まずひとつが、不倫相手に故意、もしくは過失があるということです。肉体関係をもつのであれば、かならず故意であるようにも思えますが、実はそうでもありません。例としては、相手が一方を既婚者であると認識していなかった場合、もしくは、出会い系サイトなどで知り合って素性そのものを知らなかったといったケースが挙げられます。またその他、強姦や脅迫によって、自由意志の伴わない肉体関係である場合も同様に請求はできません。

そしてもうひとつは、不貞のおこないによって、あなたが権利を侵害されているかどうかです。パートナーの不倫によって、夫婦関係が悪化しさらに離婚にまで追いやられた、夫婦の絆が崩壊するほどの親密な交際をされたといったケースです。不倫の基準はかなり繊細なので、一般感覚だけで判断しないよう注意しましょう。


関連記事

  1. 不倫されたらどうする
  2. 高額を請求するなら
  3. 目的達成の第一歩

不倫されたらどうする

不倫不倫問題を見過ごしてしまってはいけません。その瞬間我慢できていても、のちのち事態はさらに悪化していき、最終的に夫婦関係を破綻させてしまうことも考えられます。もしパートナーにその傾向がみられたら、早い段階で行動を起こすことが大切です

とはいえ、パートナーにいざ不倫されたとき、いったいどのような行動を起こせば良いのか、少し戸惑うかもしれません。不倫され慣れている人というのも、そう多くないでしょう。新婚であれば、なおさらです。そこで今回は、不倫されたときの行動の起こし方や、どういった人を頼れば良いかについてまとめました。後回しにしていると、それこそ大ごとになりかねません。もしあなたの家庭が現在円満であったとしても、万が一のときのために、ぜひ目を通しておいてください。

不倫に似た言葉として浮気がありますが、不倫の方が事態は深刻です。浮気は交際関係にかかわらずパートナーが自分以外の異性に関係を向け接触をもつことに対し、不倫はどちらか一方もしくはお互いが既婚者であり、さらに肉体関係があることも前提となってきます。精神的苦痛は、比にならないでしょう。

ですが、法律に則り適切に対処すれば、精神的にも金銭的にもダメージは少なく、むしろ得をする結果にすら至れるかもしれません。裏切られた自分が悪い、そんな被害者意識は必要ありません。まずは、当記事の特集を役立てて、正しい知識を身につけるところから始めましょう。


関連記事

  1. 慰謝料請求の条件
  2. 高額を請求するなら
  3. 目的達成の第一歩